最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 連立方程式での教科書の記述についてあれこれ | トップページ | ジャンゲーム系 »

2018年6月 3日 (日)

連立方程式、解いてみた

連立方程式と言えど、

成立する数値を求めるというのは変わりません。
無理やり、成立する数値を求めていきましょう。
3x+y=5
2x+y=4
Ren4
x=0から調べていきました。
2つ目で、ビンゴ!
解が出ました。
4x+y=8
3x+2y=1
Ren5
X=0からスタートしてみました。
2つ目で、2式の変化の割合は-5と分かりました。
1になるのは、あと2つ。
1式のyの変化に気を付けて、
解が出ました。
9x+2y=-3
7x+5y=8
Ren6
x=0では整数解になりませんでしたので、X=1からスタート
x=3に増やしたら、遠くなってしまいました。
上に戻して、解が出ました。
整数解ならこれで大丈夫。

« 連立方程式での教科書の記述についてあれこれ | トップページ | ジャンゲーム系 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/73615760

この記事へのトラックバック一覧です: 連立方程式、解いてみた:

« 連立方程式での教科書の記述についてあれこれ | トップページ | ジャンゲーム系 »