最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年10月21日 (日)

計算練習の前に、文章題

算数の学習の進み方として

計算分野だと
1+1=2を
🍏+🍏=🍏🍏
と具体物を使って学習していって、
ある程度すると
2+3=
3+4=
5+2=
とかのドリル演習に入って、
そのあとに
「おかあさんから、おはじきを5こもらいました。
おねえさんから、おはじきを2こもらいました。
おはじきをぜんぶでなんこもらいましたか?」
といった文章題に進んでいくことが多いわけですが、
(自分の観測範囲内において)
5+2=
と数字だけの問題だと手こずって、
5+2=が式になる文章題だと、スラスラ解ける子
という存在が、まあまあの数います。
「5+2=」
では、イメージがわかないんでしょうね。
文章題だと状況が見えてきてわかるようです。
数字だけだと、指を使っているのに
同じ数字の文章題では暗算で答え出すとかよくあります。
まあ、自分もドリル演習嫌いなので、
こういう子を見てると、
文章題を先に回してやった方がいいんじゃないかなって思います。
 

2018年10月14日 (日)

定期テストの質

「定期テストの質」

で、ググってみました。
全然出てこない。
塾の勉強の
「質」OR「量」
とか、
「テスト対策」
とか
こんなんばっかり。
テストそのものの妥当性を見る塾ってないの???
塾だけでなくて、学校も、しっかりテストを作ってもらわないといけないし。
そういう話って、出てこないかなあ???

« 2018年9月 | トップページ | 2019年1月 »