最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2018年12月 | トップページ

2019年1月31日 (木)

ご案内

Rogo  

 

 

--------------------------------------------------

愛知県小牧市(桃花台のふもと)にある、小さい塾です。

遊学塾ホームページ

詳しいことは、上記のホームページへ!

お問い合わせは、ホームページの問い合わせのページをお使いください。

算数・数学を主に扱っています。

塾の主目的は

論理力の育成

です。

主教材は、

頭脳スポーツ(マインドスポーツ)と呼ばれる世界各国のゲーム。

iML(国際算数・数学能力検定協会)の問題集。

「算数・数学思考力検定」と名称が変わりました。

です。

頭脳スポーツの魅力は、

「同じ試合は無い」

というところです。

常に、勝利に向けて、最善手を模索します。

このときの、脳への刺激は、とても素晴らしい力をもたらしてくれるでしょう。

どんな手を打てばよいのかの選択権は、本人にのみあります。

他の人が助言をしたらもうそれはゲームではなくなるのです。

ゲームを通じて、自然に

集中力・コミュニケーション力・記憶力や計算力、全体を見る大局観などなど

が身に付きます。

同様に、勉強も、教えてもらったのでは、その楽しみにたどり着くことはできません。

考えるのは『自分』、たどり着くのも『自分』なんです。

また、iMLの問題は、面白く、解いてみたいという気持ちにさせてくれる良問の集まりです。

なので、解きたい気持ちが持続します。

算数・数学思考力検定HP

この2つを、中心に、考える力を伸ばしていきたいと思っています。

好奇心から、集中力、思考力へとつなげることをメインプログラムとした塾です。

一度、体験レッスンをどうぞ。

イメージキャラクター

左側:涯 奈子(はて なこ→ハテナ こ)

Photo

右側:閃 希子(ひらめ きこ→ヒラメキ こ)

Photo_2

アタマの髪型が、「?」と「!」になってます。

----------------------------------------------------

ブログ内案内

検索が多い記事

弱くても勝てます

ろくむし・ロクムシ

Sけん・えすけん・エスケン・Sケン

割り算の筆算

----------------------------------------------------

おすすめ本棚

----------------------------------------------------

オリジナルゲーム

----------------------------------------------------

2019年1月17日 (木)

通知表の見方(基本系)

中学生でも、通知表の観点別って意味が通じてないですね~

「A」の数が多ければいいのかな~程度の感覚。
以前も書いたことですが
基本的には、以前書いたもので考えていただければOKです。
国語は5つ観点がありますが、
一番下は「字」に関してです。
「字が上手」+「漢字覚えてる」で「A」
どちらか片方なら「B」
「字が下手」+「漢字覚えてない」で「C」
です。
一番上は、他の教科と同じく「意欲関心態度」なので置いといて、
2つ目、3つ目、4つ目は
「話す・聞く」
「書く」
「読む」
になってます。
テストで一番かかわってくるのは、
4つ目の「読む」ということになりますね。
2つ目と3つ目は、先生の主観が入り込みやすいので、あんまり、客観性がないです。
とは言え、中学校なら、一応、専門の先生がやっているので、なるほどと思う先生なら、参考にしてほしいところではあります。
なので、国語は、「4つ目5つ目」重視で、と自分は思ってます。
で、他の教科は、基本的に
「2つ目」を重視してます。
「思考」と言われる欄です。
といったことを、もっと学校はアナウンスしていかないといけないじゃないかと思います。
渡された子供たちが、
これはどういう意味なのかワカンナイんじゃ、意味ないですからね。
通知表の読み方ガイドブックみたいなのを、学校が作って、配るくらいのことしてもいいのになあって思います。
ただ、通知表は、「先生が見ることのできた範囲でつけられているものでしかない」
というのは、前提として、見てください。

2019年1月 6日 (日)

ノナちゃん登場で

数学ガールの結城先生のCAKESの連載で

ノナちゃんという新キャラが出てきました。
引用
ノナユーリの同級生。 ベレー帽をかぶってて、丸い眼鏡を掛けていて、ひとふさだけの銀髪メッシュ。 数学は苦手だけど、興味を持ってる中学生。

ノナちゃんに教えることに手こずる「僕」が描かれている。
そこで、考える。
友達同士で勉強することはどうなのか?と
で、
「友達 一緒 勉強」
で検索してみると、
「一緒に勉強しよう」派と
「一緒に勉強しない」派が出てきました。

しよう派として
しない派として

検索上位から選んでみました。
多くの人が書いてるので、他のも読んでいただければと思います。

「僕」や「ミルカさん」がいなければ、できないことなのか?
(成績が悪いんじゃなくて、一緒に勉強)できない子とは?
成績が悪い子はどうしたらいいのか?
一人でできないのに、ひとりでやれ?

3学期はもう始まってしまうので、4月に向けての課題にしたいと思います。

« 2018年12月 | トップページ