最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月23日 (土)

エレメンタルモンスター(仮)

これとか、
これなんかが、案外売れている。
ケミクエは、12万部突破とか書いてあった。
基本的に、この2つは、
「絵合わせゲーム」なんだけど、
それだけの要素でも、これだけ売れちゃうってことで、
だったら、
もっと、対人プレイの要素を詰め込んだやつを作ったら、(・∀・)イイ!!んじゃね!?
って考えた。
とは言え、
いろんなもの詰め込み過ぎて、逆に詰まんなくなったものも、数多く存在するので、アレですけどね。
というわけで、
「エレメンタルモンスター(仮)」をイメージしてみましょう。
まず、既存のゲームに寄せてイメージ。
TCGの元祖、MtG「マジック・ザ・ギャザリング」風にしてみましょう。
土地に当たるのを「元素」
クリーチャーに当たるのを「化合物」
魔法に当たるものを「操作」
に当てはめてみましょう。
では、プレイ風景の想像をば、
---
CとOをタップして、モンスター「一酸化炭素」を召還
「一酸化炭素」を捨てて、特殊効果「一酸化炭素中毒」発動、相手の「酸素」を取り除く
---
モンスター「二酸化炭素」タップして、特殊効果発動「石灰水の白濁」これにより、視界が悪くなり、モンスターの直接攻撃を1ターン無効にする。
---
魔法カード「電気分解」
これによりモンスター「水」を1体破壊
---
魔法カード「水上置換」
山札から、モンスター「酸素」か「水素」を1体選び、召還。
その後、山札をシャッフル
---
こんな感じかな~www
ちょっと、遊戯王チックな書き方になっちゃったw
デュエルマスターズみたいに、伏せカードをプレイヤーの体力にして、それがなくなったら負けみたいな感じかな。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »