最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2019年、愛知県公立高校入試を算数で解くの補足 | トップページ | 通知表を見る »

2019年3月25日 (月)

小牧南の定員割れに思うこと

小牧南が定員割れ32人で、ニュースになってます。


OBとしては、何とも複雑。


そんな定員割れなんですけど、


小牧市全体から見放されかけてるのが関係している感じを受けます。


小牧南が無かったころ、現在60歳定年越えた方々のときに、あることがありました。


「小牧高校を盛り上げてください」


というお願いが…


それならば、ということで、小牧市内の中学校は、


小牧高校に、それなりに学力のある子を送りました。


(進路指導で、小牧高校を推したってことです)


そして、3年の月日が経ちました。


小牧高校の進学実績は、ショボかったという結果が出てしまいました。


中学校側は、この結果を受けて、


「あかん」


となりました。


その後は、小牧高校は、ずるずる…


そんな中、できたのが小牧南高校。


歴史は繰り返すです。


できたばっかりのころは、市を挙げて、応援です。


昔と同じように、そこそこの子を送ります。


東大、京大、名大2桁


今度は行けるかって感じでしたが、


中だるみ時期がやってきて、結果、


中学校側が


「あかん」


と判断されることになりました。


送る側が送りたくなる高校に、高校側ができなかったのが、敗因かな~

« 2019年、愛知県公立高校入試を算数で解くの補足 | トップページ | 通知表を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年、愛知県公立高校入試を算数で解くの補足 | トップページ | 通知表を見る »