最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« スマホやゲームは悪役なのだろうか? | トップページ | オリゲー15(合同条件ジャンゲーム) »

2019年4月10日 (水)

オリゲー14(円周角かるた)

久しぶりに、オリジナルゲームの記事を

今年は、初めて、中3生を担当することになりました。

中2生相手にやってたオリジナルゲームも後々記事にしておこうと思ってます。

非常勤講師という立場ですが、

勉強会「アナログゲーム部」を主宰して、学校の先生に布教活動をしています。

今年は、研究授業もすることになったので、

だったら、

アナログゲームするしかないでしょ!

時期は12月

去年、3年生を担当してた先生に、どこら辺をやっていたか聞いたところ

「円周角」

ということで、

帰り道、車の中で思いついたやつを記録しておきます。

まだ決定稿じゃなくて、第一案ってやつです。

用意するもの

A3用紙に描かれた円周角の簡単な問題

こんな感じの

青スリーブに角度が描かれた取札

20、30、40、50、60、70、80、90,100ぐらいか

枚数は、人数ー2(枚)

赤スリーブに角度が描かれた取札

枚数は各1枚

角度にはよりわかりやすいように、赤丸か、角度自体を赤字にする

得点チップ

---

ルール

4~7人ぐらいを1グループにして角度カードをばらまいて、車座に座る

教師が「いっせっせのせ」で問題用紙を提示

生徒は、答えになる角度カードを早取りする

制限時間は20秒くらい?

得点は、赤が2点、青が1点

プレイヤー数よりも1枚角度カードが少ないので、取れない生徒が1人出る

同時のときはジャンケン

ただし、ジャンケンしてたら残りのカードを取りに行くことはできないので、取れなくなるの覚悟になる

20秒経過で、問題用紙を黒板に磁石で提示

生徒に、回答させ、正解のカードを取っていることを確認したら、得点分のチップを受け取る

以後、ある程度の問題数を行って、

最終的に、一番チップを集めた生徒の優勝

時間的には、2回戦にして、予選→決勝リーグにした方がいいかもしれない。

後、グループは中学生ということで、男女別の方がいいかな~

 

« スマホやゲームは悪役なのだろうか? | トップページ | オリゲー15(合同条件ジャンゲーム) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホやゲームは悪役なのだろうか? | トップページ | オリゲー15(合同条件ジャンゲーム) »