最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

2019年3月25日 (月)

小牧南の定員割れに思うこと

小牧南が定員割れ32人で、ニュースになってます。


OBとしては、何とも複雑。


そんな定員割れなんですけど、


小牧市全体から見放されかけてるのが関係している感じを受けます。


小牧南が無かったころ、現在60歳定年越えた方々のときに、あることがありました。


「小牧高校を盛り上げてください」


というお願いが…


それならば、ということで、小牧市内の中学校は、


小牧高校に、それなりに学力のある子を送りました。


(進路指導で、小牧高校を推したってことです)


そして、3年の月日が経ちました。


小牧高校の進学実績は、ショボかったという結果が出てしまいました。


中学校側は、この結果を受けて、


「あかん」


となりました。


その後は、小牧高校は、ずるずる…


そんな中、できたのが小牧南高校。


歴史は繰り返すです。


できたばっかりのころは、市を挙げて、応援です。


昔と同じように、そこそこの子を送ります。


東大、京大、名大2桁


今度は行けるかって感じでしたが、


中だるみ時期がやってきて、結果、


中学校側が


「あかん」


と判断されることになりました。


送る側が送りたくなる高校に、高校側ができなかったのが、敗因かな~

2019年2月23日 (土)

エレメンタルモンスター(仮)

これとか、
これなんかが、案外売れている。
ケミクエは、12万部突破とか書いてあった。
基本的に、この2つは、
「絵合わせゲーム」なんだけど、
それだけの要素でも、これだけ売れちゃうってことで、
だったら、
もっと、対人プレイの要素を詰め込んだやつを作ったら、(・∀・)イイ!!んじゃね!?
って考えた。
とは言え、
いろんなもの詰め込み過ぎて、逆に詰まんなくなったものも、数多く存在するので、アレですけどね。
というわけで、
「エレメンタルモンスター(仮)」をイメージしてみましょう。
まず、既存のゲームに寄せてイメージ。
TCGの元祖、MtG「マジック・ザ・ギャザリング」風にしてみましょう。
土地に当たるのを「元素」
クリーチャーに当たるのを「化合物」
魔法に当たるものを「操作」
に当てはめてみましょう。
では、プレイ風景の想像をば、
---
CとOをタップして、モンスター「一酸化炭素」を召還
「一酸化炭素」を捨てて、特殊効果「一酸化炭素中毒」発動、相手の「酸素」を取り除く
---
モンスター「二酸化炭素」タップして、特殊効果発動「石灰水の白濁」これにより、視界が悪くなり、モンスターの直接攻撃を1ターン無効にする。
---
魔法カード「電気分解」
これによりモンスター「水」を1体破壊
---
魔法カード「水上置換」
山札から、モンスター「酸素」か「水素」を1体選び、召還。
その後、山札をシャッフル
---
こんな感じかな~www
ちょっと、遊戯王チックな書き方になっちゃったw
デュエルマスターズみたいに、伏せカードをプレイヤーの体力にして、それがなくなったら負けみたいな感じかな。

2019年1月17日 (木)

通知表の見方(基本系)

中学生でも、通知表の観点別って意味が通じてないですね~

「A」の数が多ければいいのかな~程度の感覚。
以前も書いたことですが
基本的には、以前書いたもので考えていただければOKです。
国語は5つ観点がありますが、
一番下は「字」に関してです。
「字が上手」+「漢字覚えてる」で「A」
どちらか片方なら「B」
「字が下手」+「漢字覚えてない」で「C」
です。
一番上は、他の教科と同じく「意欲関心態度」なので置いといて、
2つ目、3つ目、4つ目は
「話す・聞く」
「書く」
「読む」
になってます。
テストで一番かかわってくるのは、
4つ目の「読む」ということになりますね。
2つ目と3つ目は、先生の主観が入り込みやすいので、あんまり、客観性がないです。
とは言え、中学校なら、一応、専門の先生がやっているので、なるほどと思う先生なら、参考にしてほしいところではあります。
なので、国語は、「4つ目5つ目」重視で、と自分は思ってます。
で、他の教科は、基本的に
「2つ目」を重視してます。
「思考」と言われる欄です。
といったことを、もっと学校はアナウンスしていかないといけないじゃないかと思います。
渡された子供たちが、
これはどういう意味なのかワカンナイんじゃ、意味ないですからね。
通知表の読み方ガイドブックみたいなのを、学校が作って、配るくらいのことしてもいいのになあって思います。
ただ、通知表は、「先生が見ることのできた範囲でつけられているものでしかない」
というのは、前提として、見てください。

2019年1月 6日 (日)

ノナちゃん登場で

数学ガールの結城先生のCAKESの連載で

ノナちゃんという新キャラが出てきました。
引用
ノナユーリの同級生。 ベレー帽をかぶってて、丸い眼鏡を掛けていて、ひとふさだけの銀髪メッシュ。 数学は苦手だけど、興味を持ってる中学生。

ノナちゃんに教えることに手こずる「僕」が描かれている。
そこで、考える。
友達同士で勉強することはどうなのか?と
で、
「友達 一緒 勉強」
で検索してみると、
「一緒に勉強しよう」派と
「一緒に勉強しない」派が出てきました。

しよう派として
しない派として

検索上位から選んでみました。
多くの人が書いてるので、他のも読んでいただければと思います。

「僕」や「ミルカさん」がいなければ、できないことなのか?
(成績が悪いんじゃなくて、一緒に勉強)できない子とは?
成績が悪い子はどうしたらいいのか?
一人でできないのに、ひとりでやれ?

3学期はもう始まってしまうので、4月に向けての課題にしたいと思います。

2018年12月27日 (木)

家でも学校でも塾でも

自分は性善説で行動するので、「勉強したくないなあ」という気持ちになっている子がいたら、その裏に、学校、おうち、友達関係など、ストレスを抱えるものがあるんだろうと考える。 なので、そういう状態のときは、「相談できることがあったら言ってね」で終わる。

気持ちがのらない時は、ズルもしたくなるものだ。 そういう気持ちは汲んであげないと、どこにも逃げ場がなくなっちゃう。 気持ちが安定すれば、 「人は勉強したくなる生き物」 だと信じてる。

とツイッターでつぶやいてみた。
今のトレンド?として、
学校のテストが、学校が指定したワークを中心に出題されるものが多いように感じている。
そこで、塾は、
「内申点対策」
というものを行うことが可能になってしまった。
「ワークをしっかりやる」
ということで、観点別の一番上の、意欲関心態度欄の上昇も見込め、なおかつ、テストの点数のUPも見込める状態になった。
これだけ、やることが限定されれば、やるように仕向けるのが、一番手っ取り早い方法になる。
「勉強」というものが、歪んでいってしまっているのだ。
今の状況のものを「勉強」だと認識されたら、たまったものじゃない。
だいたい、高校に入ったところで、現実を見る。
『あんなに「勉強」したのに…』
みたいな状況は、高校あるあるになってる。
自称進学校においては、中学時代の歪んだ「勉強」を続けるところも多く、その場合は、大学に入ったところで、目が覚めるか、高校の学習内容のおかげで、こういった「勉強」が不可能なことと気づくことになる。

もっと、自然に「知」と向き合える世の中になるといいなと思う。

2018年11月28日 (水)

トランプ:大富豪のローカルルール

トランプの大富豪ってゲームありますが、

とにかく、ローカルルールが多い。
多すぎる上に、
強力なものもありすぎて、
どこからでも勝てるチャンスがある状態。
例えば、
8切り(8を出すと、場を流して、自分の番になる)
11バック(Jを出すと、そのターンのみ、革命状態になる)
7渡し(次の人にカードを1枚渡す)
の3つを採用した場合。
手札が
3,4,7,8、J
の5枚でも、
J→3(ジョーカーが無ければ最強状態)→8(また、自分の手番)→7→4を次のプレイヤーに渡してあがり
と、上がれてしまう。
基本ルールなら、負ける確率が非常に高いこの状態で、一気に上がれてしまう。
もう、ルールに採用されているカードがあるかないかで勝負が決まることがほとんど。
あんまり考えなくても、効果のあるカードを使っていけば、何とかなる状態。
UNOのそうなんですが、
基本ルールって、弱者に厳しいんですよね。
だから、負けてばっかりにならないように、ローカルルールが追加されていく。
そして、弱者救済を目的にしていたら、ゲームとして破たんしてたって感じでしょうか。
これでも、自分の考えだと、ルール多すぎって思っちゃいます。
カードの力で勝たせてもらったって、なんだかなあって思うんですよ。

2018年10月21日 (日)

計算練習の前に、文章題

算数の学習の進み方として

計算分野だと
1+1=2を
🍏+🍏=🍏🍏
と具体物を使って学習していって、
ある程度すると
2+3=
3+4=
5+2=
とかのドリル演習に入って、
そのあとに
「おかあさんから、おはじきを5こもらいました。
おねえさんから、おはじきを2こもらいました。
おはじきをぜんぶでなんこもらいましたか?」
といった文章題に進んでいくことが多いわけですが、
(自分の観測範囲内において)
5+2=
と数字だけの問題だと手こずって、
5+2=が式になる文章題だと、スラスラ解ける子
という存在が、まあまあの数います。
「5+2=」
では、イメージがわかないんでしょうね。
文章題だと状況が見えてきてわかるようです。
数字だけだと、指を使っているのに
同じ数字の文章題では暗算で答え出すとかよくあります。
まあ、自分もドリル演習嫌いなので、
こういう子を見てると、
文章題を先に回してやった方がいいんじゃないかなって思います。
 

2018年10月14日 (日)

定期テストの質

「定期テストの質」

で、ググってみました。
全然出てこない。
塾の勉強の
「質」OR「量」
とか、
「テスト対策」
とか
こんなんばっかり。
テストそのものの妥当性を見る塾ってないの???
塾だけでなくて、学校も、しっかりテストを作ってもらわないといけないし。
そういう話って、出てこないかなあ???

2018年8月 6日 (月)

ブログにも残しておこう(知力の格闘技案)

妄想「知力の格闘技」学校編

学級予選「大富豪」(トランプなら安く手に入るので)
HRの時間を1時間使用。
8テーブルに分けて、全員平民固定の試合を行う。
1位は3P、2位は1Pで、各テーブルの優勝者を決める。
次の週の朝学の時間1週間分で、決勝戦。 代表2名に絞る。
なお、ルールは、
ローカルルールは一切なしの シングル、ダブル、トリプル、革命以外なし。
ジョーカーなし のカードパワーで試合が決まることを排除したもので。
次、学年代表者決定戦
種目「アルゴゲーム」
まあまあ、メジャーで、数を揃えやすいということから、選出。
使用時間は、昼の長休み。
1週間分の戦績で、上位2名が、学年代表。
次、準決勝 1年~3年の3人が対戦。
2テーブル
種目は、「カタン」
ボードゲームをやるなら、入れるべきタイトル。
各テーブル、1位が、勝ち抜け。
最後、決勝戦
使用ゲームは「バトルライン」「ブロックスデュオ」「ゴキブリポーカー」など、2人でやるとガチになるゲームを年度ごとに回す形式。
もちろん、勝った生徒が、 優勝者。
なお、準決勝から、放送委員による録画と、のちの音声解説編集をしたものを、給食の時間に、放送。

2018年5月12日 (土)

数学のワークの答え合わせというか、解いていったらどうなるか

数学のワークで勉強した場合、

自分の場合は、
できているか?できてないか?は、答えを見なくてもわかるわけです。
できていると思ったのに、間違えているのは、
全部、計算ミスで、考え方それ自体に間違いはないです。
理屈で考えて、順番に解きほぐしていく、数学の問題で、
答えが必要になるのは、
全く手つかずになった問題の糸口に使うくらいなんじゃないだろうか、
と思うわけです。
そのレベルまで、行ってないような子が、ワークをやろうってこと自体が、
おかしい
と思うのです。
教科書レベルの問題解きなおしてろ!ってヤツです。
こういうところにも、
テスト課題としてのワークの提出を義務付けする弊害があると思います。
身の丈に合った課題をやっていれば、
答え合わせはしなくても、合ってるか合ってないかは、分かります。
「ワークはまだ早いから、教科書の問題やっとけ。
内申?そんなもん、気にするな。」
といったところでしょうか。
このレベルの子は、内申点気にしても、テストの点数がそんなに高くないから、
結局、評定「3」で落ち着きますしね。
評定「4」「5」で、ワークの問題が、自分で、
できてるかできてないか判断できなかったら、それは、ヤバイ状態だということです。

より以前の記事一覧